SEOAISEO

 

実践者の声:

生成AI最適化対策の教科書を実践したら

プロンプト不要、有料版生成AIを使う必要なしで、「自社サービス・商品の記事」や「自社HP・SNSアカウント」が、生成AIサービス*の回答に引用されました。

しかも、数日で反映、SEO対策にも使えてました。

*生成AIサービス一例:Google SGE Gemini GPT4 Copilot Perplexity リートン


実践者の声:

検索順位1位を獲得しました!

「生成AI最適化対策講座」を受講する前は、SEO対策は専門家に任せるしかないと思っていました。しかし、この講座で教えてもらった方法を実践してみたところ、驚くべき結果が出ました。

私のサイトの検索順位が急上昇し、なんと9つのキーワードで1位になったのです!生成AIを使うことで、手間や時間、費用もかかりませんでした。以前はなかなか得られなかったお問い合わせも増え、大変嬉しく思っています。

これからもこの講座で学んだ知識を活かし、生成AIを利用してさらなる最適化を進めていきたいと思います。



生成AI最適化対策(AISEO対策)が、既存SEOにとって代わる時代へ突入

あなたのHP・ブログやSNSが
検索エンジン → 生成AI検索に選択される時代へ


生成AI最適化対策

ChatGPTをはじめとする生成AIが社会に与えたインパクトは大きく、色々な視点から生成AIを活用する手法がネットに公開されています。

その中でGoogleは「ChatGPTが従来の検索エンジンを再発明するもの」と語っている。

ChatGPTが従来の検索エンジンを再発明するものであり、Googleの検索ビジネスを根底から覆しかねないほどの技術革新が到来したのではないかと危惧しています。

引用:https://gigazine.net/news/20221223-google-code-red-against-chatgpt/

2023年8月30日Googleは、生成AIを活用して考慮すべき重要な情報の概要を作成する「生成AIによる検索体験 (日本語版SGE)」を発表し、Google検索結果の画面レイアウトに、大きな変化が現れました。

生成AIの技術が検索ビジネスを変えるのであれば、従来から行われてきた「SEO対策」も大幅に見直さなければならないタイミングに来ていると言えます。

生成AI最適化対策

マイクロソフトは、2024年を「AI PCの年」になると発表し、人々がより容易に AI 変革に参画できるようにと、AIを呼び出すCopilot キーをキーボードに採用しました。

米国のマイクロソフト(MS)は、2024年が「AI PCの年」になると発表し、対話型・生成AI「Copilot」を呼び出す新たなキーボードを発表した。 新キーボードは約30年ぶりの大きな変更で、**OS「ウィンドウズ11」を搭載したパソコン(PC)に「Copilotキー」と名付けた新キーを追加する**

引用:https://prebell.so-net.ne.jp/news/pre_24011003.htm

AIPCの登場により検索作業をするにあたって「Webブラウザが不要」になり、Google検索から生成AI検索への移行が始まります。

これまでのネットユーザーは、検索エンジンやソーシャルメディアからコンテンツを消費していましたが、

– ChatGPT
– Copilot
– Google Gemini

などの、生成AIが回答(引用)するコンテンツを消費する時代になる可能性が高くなります。

生成AISEO-生成AI最適化対策

2023年多くのネット企業(Googleも含む)は、ネットの公開情報をAI訓練に利用する内容にプライバシーポリシーを更新することによって、私たちのHPやブログ記事、SNSへの内容を、生成AIの回答に引用できる仕組みになりました。

詳細情報を確認すると、生成AIが回答をするにあたり、弊社のipost.ne.jpからの情報を参照していることが分かります。

私たちのことは関係なく、生成AIはネットから私たちの情報をクローリングし、生成AIの学習に利用しています。

そのため、アメリカの多くの新聞社やニュースサイトは、生成AIからのクローラーのブロック設定を行い、自社の記事が生成AIの学習材料にならないよう対策を行なっています。

しかし、米ニュースサイト「Politico」の様に、生成AIにクロールさせる選択をする企業も現れました。

その理由は、検索エンジンとソーシャルメディアの次に来る「人々がニュースに接する際の入り口」を生成AIと捉えているから。

2024年~2027年に1億台を超える生成AI搭載スマートフォンが出荷される見通しであることなど、インターネットユーザーが、簡単に生成AIを利用する時代になるからこそ、

検索エンジンの検索結果に表示だけでなく生成AIの出力結果においてリンクが表示されることが、HP・ブログ・SNSを運用にとって重要になります。

生成AISEO-生成AI最適化対策

Google検索から生成AI検索サービスへ

2024年3月現在、以下の生成AIサービスがあり

– Google SGE
– Google Gemini
– ChatGPT
– Microsoft Copilot
– Perplexity

など、有限会社ザワンの「生成AI最適化対策の教科書」は、上記全ての生成AIサービスに対応しています。

– 最新情報
– 生成AIサービスへの対応状況

などの、生成AI検索サービス情報を「随時更新」していますので、新しい生成AI検索サービスがリリースされても対応していく予定です。

最新サービスである、2024年3月27日にリリースされた生成AIサービス**「wrtn(リートン)」にも対応を確認しています。**

**生成AIプラットフォーム企業 リートンテクノロジーズ、「wrtn(リートン)」 を大幅リニューアル!GPT-4 Turbo無料無制限公開・プロンプト紹介など新機能を追加**

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000029.000119361.html

生成AI最適化対策の教科書は「オンラインで確認できる」ので、いつでも好きな時に読むことができます。

これからのインターネットは「生成AI」から、

– ホームページ
– ブログ
– SNS

へのアクセスが増えると予測されることから、

SEO対策→生成AI最適化対策(AISEO対策)

が必須な時代になると確信しています。

ネットユーザーが検索するキーワードで、生成AIから回答に選ばれる「生成AI最適化対策」しませんか?
 

実践者の声:

SNSを含めたSEOの新しい考えが理解できるようになりました。
AIといえばプロンプトという講座が多い中、二歩先行ってる内容だと思います。

早速試してみましたが、すぐに結果がでるのもすごい。どのような文章を書けばいいのか、どのようなキーワードが重要なのかが正確にわかり、それにそって「やるべき事をやる」で成果でます。

生成AI最適化対策の教科書:内容

生成AI最適化対策「検索編」教科書
・ベース内容:3700文字以上の文字ボリューム+画像

生成AI検索に表示される仕組み動画
・生成AI最適化対策セミナー動画(約48分)

生成AI最適化対策「検索編」解説動画
・動画解説:16本
生成AI最適化対策の解説・説明動画


金額 55,000円(税込み)のところ4月30日までのお申込み方のみ
税込み価格29,700円で提供中