ネットビジネスを行う上で、Google検索結果への上位表示が重要であることは誰でも知っています。

ChatGPTを始めとする生成AIは、ネットに接続し検索機能が利用できるようになったことで、Googleが独占状態だった検索ビジネスの状況を一変させる可能性が出てきました。

ChatGPTがパートナーに選んだ検索サービスBingは、公開からわずか約1か月後で、1日のアクティブユーザー数が1億人を突破するという驚きの結果を生み出しました。

注目すべきは、ユーザーの3分の1はBing初体験の新規ユーザーであり、生成AIが生成する文章による検索結果を体験しようとするユーザーは予想以上に多いことがわかりました。

引用:

Googleは、2023年8月30日、生成AIによる検索体験「Search Generative Experience」(以下、SGE)の日本語版の試験運用の開始発表しました。 

引用:

日頃から使っている検索サービスの中に生成AIが追加され、それを使って検索するのが当たり前の検索時代の到来です。

2024年2月に注目→追記あり

2023年8月30日に、Googleの生成AI検索システム「SGE*」が、GoogleLabを通して日本語で利用できるアナウンスがあり、そこには、この「SGEの終了日」が掲載されています。

終了日:2024年2月。

「SGE」の紹介ページに記載されていた、終了日の表記が無くなりました。わかることは、2024年2月にGoogleはSGEを終了しないこと。

どのような運用に変わるのか?
Googleの動きに注目です。

2024年は、Googleの生成AI検索元年になるかもしれません。

「生成AI検索(SGE対策)」、それに合わせて準備することが、これからのホームページ・SNS運用には重要な施作の一つになることでしょう。

*注
SGEとは「Search Generative Experience」の略称で、ユーザーの質問に対して自動生成AIを用いて解答を行う機能のこと。

生成AI検索を利用する時代へ

これからの生成AIの技術の中で、注目すべきは「生成AI検索」です。

その理由は、2024年の検索システムは、

  ・お客様はこれから生成AIと一緒に利用する
  ・生成AIが検索システムに実装され利用される

Google検索ボリューム─2022年では1秒間に10万件以上の検索クエリを処理。1日の検索ボリュームは85億回以上。

引用:

毎日多くのインターネットユーザーがGoogleを中心した検索システムを利用するわけですから、生成AI検索が本格稼働すれば、そこに大きなビジネスチャンスが生まれることは容易に想像できますよね。

生成AI検索の本格稼働は、従来のSEO戦略を根底から変える可能性を秘めています。ユーザーの検索方法の変化、検索結果表示の多様化により、新しいSEO対策の必要性が高まっています。これは「AISEO対策」として知られ、検索の入り口の多様化と検索結果表示の変化に対応する新たな戦略です。

SEO対策から、「生成AI最適化対策」へ

生成AI検索が本格的に始まれば、これまでのSEOが使えなくなる可能性があります。

その理由はネットユーザーの検索方法(使い方)が変わるから。

・検索の入り口の多様化
・検索結果表示の変化

この二つの使い方の変化により、これまでのSEO対策では対応しきれない状況になるかもしれません。

だからこそ、生成AIによる検索は、今までの検索とは違うため、これまでのSEO対策だけでなく、生成AI検索の仕組み(新しい2つのルール)を理解した「生成AI最適化対策」を知っておくべきなのです。

生成AI最適化対策を考える上で、この2つの新ルールを押さえておくことが重要です。

新ルール1:検索の入り口の多様化

今までは、Googleからのアクセスが中心であったが、これからは、ChatGPTを始めとする生成AIからのアクセスが増えることが考えられます。つまり、Googleからのアクセスは減る可能性を理解した対策が必要です。

新ルール2:検索結果表示の変化

Googleの生成AIによる検索体験「SGE」は、従来のWeb検索結果の上部に表示されるようにレイアウトされています。レイアウトの変更により、ユーザーはどこを見る(クリックする)のかを考えた対策も生成AI検索には重要です。

これらの2つのルールをベースとした、生成AI検索からのアクセスを集める手法(生成AI最適化対策)を理解しなければ、生成AI検索からのアクセスは、ライバルに取られてしまうだけです。

押さえておくべき生成AI検索をリストアップし、生成AI最適化対策の2つのルールに関して説明したベースとなる資料を用意しています。その資料とともに、生成AI最適化対策の仕組みの解説、具体的な対策手法などについて動画で説明します。

販売物及び内容

生成AI最適化対策「検索編」教科書
・ベース内容:3700文字以上の文字ボリューム+画像
生成AI検索に表示される仕組み動画
・生成AI最適化対策セミナー動画(約48分)

生成AI最適化対策「検索編」解説動画
 ・動画解説:16本
   生成AI最適化対策の解説・説明動画

上記の資料&動画は、2024年3月まで更新予定



本資料は、有限会社ザワンが独自に調査したノウハウで構成されています。購入された方以外への情報流出に関して固く禁止させていただくとともに、直接または間接的に非購入者への情報流出が確認された場合は、厳しく対応させていただきます。

また、インターネット上で不特定多数に閲覧可能な媒体(ネット掲示板やSNS等)に発信することも、同様に禁止。発信者の特定を行うと共に、情報流出者同様厳しく対応させていただきます。

受講者様の声:これからも生成AI最適化対策講座の動き、対応の速さに期待しています。

運営支援の大きな柱のひとつSEO対策は、生成AIにより大きな変化があるという事は理解していたつもりでしたが、具体的に何をすべきか?何をお客様に提案、提供していくのか?という答えをだせずにおりました。

今回の受講により、そのモヤモヤしたものが道となって見えました。
もっと早く受けておくべきだった、、、

今はお客様のWEBへの実対策を進めています。

受講者様の声:受講生にとってはまさに、「魚をくれる人」ではなく、「魚の釣り方を教えてくれる人」

一般的なAIの使い方とは一線を画す、革新的な視点に深く感動いたしました。殆どのAIセミナーがプロンプトを最重要視しているなかで、SEO対策を先回りして行う先鋭的なノブさんメソッドは、まさに目からウロコ!驚愕!

近い将来誰もがAIを楽々と使いこなせる時代の到来に先駆けて、運営会社の概念や将来のビジョンに焦点を当てることで、独自の理論と方法を産み出されるのが毎回「ほんますごいわ!」と恐れ入ります。

受講者様の声:検索体験を向上させることが今後一般的になるかもしれません。

複雑なプロンプトを使用せず、会話の流れのような質問だけで十分です。ある程度の文章を作成した後、経験に基づいたオリジナル情報を追加することで、特定のキーワードにおいては現在のSEOに適応した文章を作成することが、セミナーを通じて学べました。

セミナー後に実際に生成したリード文を追加することで、ページの順位が上昇した例もありました。

受講者様の声:AIを上手く取り入れる方法を知れた事は私の即戦力になりました。

AIのネットビジネスにおいて、プロンプトを使わずに生成AIを活用する方法について、とてもわかりやすく教えてもらえました。今までプロンプトばかり頼っていましたが、新しいアプローチを学ぶことができたことが良かったです!

柔軟性と創造性がグンと向上し直ぐに検索結果に現れることに驚きました。一からかんがえるよりも自然な文章やコンテンツを作れるということが実感できました。あれからInstagramのサポートで訪問しているクライアント先でも大変役に立ちました!

受講者様の声:インターネットサイトの最適化を行う手段を思いつくとは、とても素晴らしいこと

2024年の検索トレンドはAIである。この検索に特化したAIは人間との言葉のやり取りでインターネット上から答えを導き出す役目を負うが、どのインターネットのデータを使用するかはこれからの開発結果により変わってくるだろう。

現在のAI検索においては、これから最適化が行われていくともに、その最適化に私たちの情報発信を行うサイトが適応していくことにより、より自分に有利な検索結果を導き出させるようにできる余地があるということである。

受講者様の声:SNSを含めたSEOの新しい考えが理解できるようになりました。

AIといえばプロンプトという講座が多い中、二歩先行ってる内容だと思います。

早速試してみましたが、すぐに結果がでるのもすごい。どのような文章を書けばいいのか、どのようなキーワードが重要なのかが正確にわかり、それにそって「やるべき事をやる」で成果でます。

愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶ

なぜ、アクセス数が稼げるのか?
この答えの一つが、運営会社の動きを予測すること。

ChatGPTの登場により、Googleに変化がありました。
今までのルールが変わるタイミングです。

この変化にいち早く対応することは
運営会社を味方にすることができます。



受講者様の声:「生成AI最適化対策講座」で検索順位1位を獲得しました!

「生成AI最適化対策講座」を受講する前は、SEO対策は専門家に任せるしかないと思っていました。しかし、この講座で教えてもらった方法を実践してみたところ、驚くべき結果が出ました。

私のサイトの検索順位が急上昇し、なんと9つのキーワードで1位になったのです!生成AIを使うことで、手間や時間、費用もかかりませんでした。以前はなかなか得られなかったお問い合わせも増え、大変嬉しく思っています。

これからもこの講座で学んだ知識を活かし、生成AIを利用してさらなる最適化を進めていきたいと思います。

SEOの変化に対応するべき一つが「生成AI」

「強い者が生き残るのではなく、変化に対応した者が生き残る」という言葉がある通り、SEOの変化に対応するべき一つが「生成AI」。

この新時代において、適応し続けることがビジネスの成功への鍵です。生成AI検索の時代をリードするために、今すぐAISEO対策を始めましょう。お問い合わせを心よりお待ちしております。

NPE、ノンプロンプトエンジニアリングとは?

グーグルの検索エンジン、ブログシステムやSNSにも、生成AI検索機能が搭載され、私たちのネット活用の中で生成AI検索を利用することが必須になってきました。

Non Prompt Engineering は、生成AI検索を私たちの「HP・ブログ」「SNS」のビジネス活用に役立てる技術(AISEO)のことを指します。

Non Prompt Engineering = 生成AI最適化対策

このキーワードは、ノブ横地が2023年9月23日に作った造語です。
#NPEで投稿してますので、Xでハッシュタグ検索して見てくださいね。」

最新生成AI検索「Perplexity AI」にも対応

弊社が提供する「生成AI最適化対策」は、AIネイティブの検索エンジンのPerplexity AIにも対応しています。

「Perplexity AI」も含めた生成AI検索サービスの情報は、2024年3月末までアップデートしていく予定です。

カリフォルニアを拠点とするPerplexity AI は本日(訳註:原文掲載日は現地時間で1月4日)、シリーズ B ラウンドで7,360万ドルを調達したことを明らかにした。同社はAIネイティブの検索エンジンによる知識発見の再発明を目指す創業1年のスタートアップだ。

Perplexity AIとは何か
GoogleとMicrosoftは何年もの間、検索エンジンの分野で争っており、前者がゲームの大部分を支配してきた。Perplexityは、より優れた AI ネイティブの体験を提供することで、彼らに対抗できる(あるいは、 もしかしたらその座を奪う ことさえできる)と信じている。

販売物及び内容

生成AI最適化対策「検索編」教科書
・ベース内容:3700文字以上の文字ボリューム+画像
生成AI検索に表示される仕組み動画
・生成AI最適化対策セミナー動画(約48分)

生成AI最適化対策「検索編」解説動画
 ・動画解説:16本
   生成AI最適化対策の解説・説明動画

上記の資料&動画は、2024年3月まで更新予定



本資料は、有限会社ザワンが独自に調査したノウハウで構成されています。購入された方以外への情報流出に関して固く禁止させていただくとともに、直接または間接的に非購入者への情報流出が確認された場合は、厳しく対応させていただきます。

また、インターネット上で不特定多数に閲覧可能な媒体(ネット掲示板やSNS等)に発信することも、同様に禁止。発信者の特定を行うと共に、情報流出者同様厳しく対応させていただきます。

生成AI最適化対策の教科書について

提供元及び販売先
○ 提供元 有限会社 ザ・ワン

販売協力会社(順不同)
合同会社ピーシーアシストAIZU様
株式会社MC47WEBサービス様
株式会社ビットコミュニケーションズ様
株式会社ウェブフェイス様

資料購入などのお問い合わせは、こちらのフォームから、お問い合わせください。
販売協力会社をご紹介いたします。

最終更新日:2024年1月14日