カテゴリー別アーカイブ: その他・未分類

SNSとSEOの本質を学び、Web集客を強化するためのセミナーチケット

50001

いいね!の数やフォロワーの数に一喜一憂していませんか?

もし、あなたがそうだったら、このSNSとSEOの本質を学び、Web集客を強化するためのセミナーに参加するべきです。

今SNS活用に重要なのは「キーワード」
実は「数」ではありません。

知っている人だけが見るのでは無く
知らない人がキーワードであなたを探しにやってくる

これが今のSNSなのです。

また、私たちは無料で利用しているSNSは
運営会社のルールで運用されています。

SNS活用を最大限に発揮するには、
この運営会社のルールを知っておくこと。

このルールは常に変化しています。

2017年〜SNSの運営の仕組み(運営会社)を理解することも
これからのSNS活用には知っておくべきポイントです。

これらの仕組みを使ってSNSを利用した人がいます。

会津 松本はちみつ家・はちみつチャンネルどっとこむの松本純弥さんです。

画像を見ていただいてわかるように、仕組みを取り入れるまでは「店売り」と「卸売」がほとんどで、SNSが売り上げに貢献していなかったのですが、仕組みを取り入れた今ではSNSからの売り上げの割合が全体の売り上げの30%を超える割合になっており、売り上げを作る大きな柱になっています。

1.マスメディアとソーシャルメディアの違い
2.いいね!の数とフォロワーの数〜数の誤解
3.SNSのルールは運営会社が決める

これらの内容をSNSを今回の「SNSとSEOの本質を学び、Web集客を強化するためのセミナー」で、お話させていただきます。

インターネットの歴史から学ぼう。

実はホームページにも同じような話がありました。検索エンジングーグルに上位表示させて集客する仕組み=SEOです。

ホームページが持つことが一般化した2000年以降
グーグルの仕組み=seo対策が重要になりました。

このSEOを理解し取り入れた人は、
大きな結果を出すことができました。

それに乗り遅れた人はどうなったのか?
それは、言うまでもないでしょう。

SNSは、投稿/ツイートするだけでなく、ホームページやブログの情報をシェア/リツイートするという使い方もされるツールです。

現在のSNSはコミュニケーションとしての利用だけでなく、情報収集の場として利用することから、SNSから私たちのホームページやブログへのアクセスされる時代も増えてきており、SNSとホームページを組み合わせた使い方も重要になってきています。

そこで、今回のセミナーは、2015年と2013年には、CSS Nite 年間ベストスピーカーに選出、宣伝会議様主宰の編集・ライター講座でも登壇し、検索エンジンに強いWebライティングのノウハウを啓蒙している「松尾茂起」様にも登場していただき、SNSを頑張っているHP/Blogを持っているユーザーに向けてお話いただきます。

SNS最適化セミナー2017開催日時

2017年9月2日土曜日
13:30~17:00 大阪
会場:ピギーバックス ソーシャルルーム(西区新町1)

終了しました。

2017年9月16日土曜日
13:30~17:00 東京
会場:DMM本社(六本木1丁目)

の2箇所で開催予定です。

参加費用

一般参加費用:5000円
360会会員:3500円
懇親会(予定):実費

このセミナーでみなさんに、お話し/ワークしていただくマンダラチャートの電子書籍(後日発売予定)をプレゼント予定です。お楽しみに!

参加フォーム:こちらから登録してください

[contact-form-7 id=”1136″ title=”参加フォーム”]

注意)フォーム送信後、自動返信メールが届きます。メールが届かない場合はフォームの内容を以下のメールアドレスへお送りください。

exhige+500★gmail.com
★を@に変えてお送りください。

講師紹介

SNSとSEOの本質を学び、Web集客を強化するためのセミナー
は、

一人目は、ノブ横地
二人目は、松尾茂起

二人の講師で行います。

有限会社ザワン
ノブ横地

三重県から2009年にスタートした「応援と感謝」というソーシャルメディアのビジネス活用は、「口コミだけ」北海道から沖縄まで全国で開催(年間200回以上:2014年は339回)

ソーシャルメディアのビジネス活用に関する書籍も2冊出版

『ソーシャルメディアの流儀』(ブランポート出版局)
『ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣』(扶桑社)

これらの結果は全て口コミによるもの。
広告、メルマガなどは一切使っていません。

ノブ横地はSNSの仕組みのパートを担当します。

・賢者は歴史から学び、愚者は経験から学ぶ
・歴史は繰り返される

という言葉があるとおり、過去のサービスの歴史やデータを基に、公式サイトから情報から現在の状況「SNSの仕組み」についてお話しさせていただきます。

そして、二人目の松尾茂起さんには、SNSを頑張っているHP/Blogを持っているユーザーに向けてと言うテーマでお話しいただきます。

松尾茂起様

株式会社ウェブライダー代表
松尾 茂起
1978年生まれ。京都市在住。

関西学院大学卒業後、京都のコンテンツ制作会社に就職後、大手舞台の音楽制作などに携わる。
2005年にフリーランスとして独立後、自身のピアノ演奏のネット販売を開始し、SEOのノウハウを使い、大きな売上げを記録する。
その後、そのSEOノウハウをパッケージ化したテンプレート「賢威」を開発。「賢威」はクチコミで支持され、現在に至るまで約20,000ものユーザーに使われるロングセラー商品となっている。

2010年には、法人向けのSEOコンサルティングを強化するため、株式会社ウェブライダーを設立。
SEOコンサルティングだけでなく、検索エンジンからの集客を強化するためのコンテンツ制作もおこない、数多くのクライアントを成功に導いている。

著書として3冊の単著、1冊の共著を執筆。
2016年11月に発売された「沈黙のWebライティング」と前作の「沈黙のWebマーケティング」はともにAmazonのベストセラーとなっている。

また、作曲家・ピアノ弾きとしても活動しており、2017年4月、ライティングの本質を歌ったロックナンバー「Eternal Writing」をリリース。

本質が集う街、京都を拠点に、ユーザーと検索エンジンに評価されるライティングの本質を追い求めている。

追伸

SNSの見られ方意識していますか?

ツイッターは140文字、Instagramの投稿にはURLが使えないなど、SNSはそれぞれ特徴を持っています。SNSの情報はフローな発信、つまり投稿しても残らない過去に消えて見えなくなる情報発信の仕組み。

そして、最新の情報だけが掲載されるのではなく、過去の情報もシェアやリツイートされ共有されるのが、SNSでもあるのです。

これらを知らないでSNSを利用するのとしないのでは、情報の拡散、発信力に大きな違いが出てきます。

SNSを運用する会社の仕組みを理解して、運営会社を味方に付ける〜そんなSNSの使い方を学んで見ませんか?

SNSがホームページのように一般化しはじめている今だからこそ、このセミナーに参加してあなたのSNSを最適化してください。

保護中: PostAddPost 代理店購入

PA0P002

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

PostAddPost購入

PA0P001

PostAddPostは、ワードプレスのプラグインです。

購入に際し、下記事項をご承諾の上、ご購入お願いします。

1、必ずテスト版を導入し動作確認を行った上でこ購入ください。
テスト版案内ページ

2、ご契約規約に同意をいただいた上でのご購入となります。
同意するボタンをした方は、こちらの規約を読み同意されたものとしてみなしますので、購入前に規約の方のご確認もよろしくお願いします。

Post Add Post販売利用規約

本約款は、有限会社ザワン(以下ザワンという)が、ホームページや、ブログヘの集客支援を目的としたツール(以下Post Add Post)に関する事項を定めるものです。

第1条(Post Add Post)
  ザワンは本約款に定める条件にてPost Add Postの販売を行い、お客様は本約款にてこれを承諾するものとします。

第2条(定義)
1 「Post Add Post」
本約款に基づきザワンが販売するPost Add Postは、ホームページ及びブログの各ページ表示方法を自由に組み替えて、集客の訴求力を高めることを目的としたツール。
2 「お客様」
   本約款をご承諾の上、ザワン所定の手続きに従い申し込みを行なった個人、法人。
3 「販売価格」
  PAP、30,000円(外税)
2)PAPカスタマイズバージョン 100,000円(税別) PAP代金+カスタマイズ代金*
ザワンが該当ワードプレスのテンプレートをお借りしてPAPが利用できるようにカスタマイズします。

4、「認証キー」
   Post Add Postを動作させるため及びお客様を識別する為に、ザワンが付与する英数字、記号を組み合わせた符号

第3条(販売契約のお申込み及び契約成立)
 1 お客様は、Post Add Postの販売契約約款に同意の上、に、ザワンが指定する事項を記入し申し込むものとします。
 2 前項の利用申込み及び販売代金入金確認を以って、ザワンがお客様に動作認証キーを渡した時点で、契約完了となります。但し、カスタマイズの場合も前項の利用申込み及び販売代金入金確認を以って契約成立とします。

第4条(Post Add Postの引渡し完了)
 1 本契約は、前条の第2項において定めた内容。
 2 本契約は、ザワンがお客様に対して動作認証キーを電子メールにて発信(通知)した時に成立するものとします。但し、カスタマイズの場合は、カスタマイズ作業終了時に通知を以って引渡し完了とします。

第5条(Post Add Postのサポート期間)
 1 動作承認キー発行通知より30日をサポート期間とし、それ以降は対象外となります。
 2 サポートとは、Post Add Post動作時に不具合が生じた場合の対処を指す。
   但し、不具合の状況により、対処できないこともあります。

第6条(通知方法)
 ザワンからお客様へのPost Add Postに関する通知は、当、ホームページ上で告知します。

第7条(メールアドレス住所変更の届出)
1 お客様は、申込情報に変更があった場合には、そのことを速やかにザワンに届け出るものとします。
2 お客様から申込情報の変更に関する届出があった場合には、それ以後、ザワンからお客様に対する連絡、通知等は、変更先に対して行なわれるものとします。
3 ザワンは、お客様より本条第1項の届出がなく、ザワンからの通知又は送付書類が変更前の連絡先に到達又は不到達となったことに起因して、お客様及び第三者に対して生じた如何なる損害についても一切の責任を負わないものとします。

第8条(権利義務譲渡)
お客様は、本約款に定める権利義務を第三者に譲渡又は担保に提供することができないものとします。

第9条(Post Add Postの利用開始)
1 Post Add Postは、本契約の成立後、ザワンからお客様に対して動作承認キーを発信(通知)した時から
使用可能となります。
2 ザワンは、本契約が成立したお客様に対して、Post Add Postをご使用の際に必要となる動作認証キーをザワンの定める方法で通知します。

第10条(Post Add Postの代金支払い方法)
お客様は、利用契約申込書に定めるPost Add Postの販売代金を、ザワンが指定する方法にて支払う
ものとします。

第11条(動作認証キー)
1 ザワンがお客様に対して発行した動作認証キーについては、お客様の責任において適切に管理する
ものとします。
2 ザワンは、第三者が何らかの手段でお客様の動作認証キーを入手して、これを不正に使用したために
お客様又は第三者に生じた損害について、一切の責任を負わないものとします。
3 ザワンはお客様が、弊社代理店に動作認証キーを知らせ、本サービスの利用代行を依頼した場合、
生じた損害については一切の責任を負わないものとします。

第12条(禁止事項)
1 お客様は、ザワンが提供するPost Add Postの使用に際して、以下の各号に掲げる行為を行なわないものとします。これらの行為によって損害を被った場合これを賠償するものとする。
 本約款に基づきザワンから提供されたものを第三者に貸与、譲渡、担保設定又は使用させる行為
 本約款に基づきザワンから提供されたものを複製、改変、編集又は頒布する行為
 本約款に基づきザワンから提供されたものを悪用する行為又はザワンが許諾した以外の目的で使用
する行為
 ザワン又は第三者の著作権、商標等の知的財産権を侵害し又は侵害するおそれのある行為
 ザワン又は第三者を誹謗中傷し若しくは信用名誉を毀損する行為又はプライバシーを侵害する行為
 ザワン又は第三者の財産を侵害し又は事業営業活動を妨害する行為
 その他法令に違反し又は公序良俗に反する行為
2 お客様は、前項各号のいずれかに該当する行為がなされたことを知った場合又は該当する行為がなされるおそれがあると判断した場合は、直ちにザワンに通知するものとします。

第13条(秘密情報の取扱い)
1 ザワンは、お客様より、Post Add Postの使用にあたって提供を受けた技術上又は営業上その他業務上の情報のうち、お客様が特に秘密である旨あらかじめ書面で指定した情報で、提供の際に秘密情報の範囲を特定し、秘密情報である旨の表示を明記した情報(以下「秘密情報」といいます。)を第三者に、開示又は漏洩しないものとします。但し、お客様より予め承諾を受けた場合及び次の各号のいずれかに該当する情報については、この限りではありません。
お客様より開示を受けた際、すでにザワンが自ら保有又は正当な権限を有する第三者から合法的に
入手していた情報
お客様より開示を受けた際、すでに公知であった情報
お客様より開示を受けた後、ザワンの責によらず公知となった情報
お客様より開示を受けた後、ザワンが独自に開発した情報
 本条に従った指定、範囲の特定や秘密情報である旨の表示がなされず提供された情報

2 前項の定めにかかわらず、ザワンは、秘密情報のうち法令の定めに基づき又は権限のある官公署からの要求により開示すべき情報を、当該法令の定めに基づく開示先又は当該官公署に対し、開示することができるものとします。
この場合、ザワンは、関係法令に反しない限り、当該開示前に開示する旨をお客様に通知するものとし、開示前に通知を行なうことができない場合は、開示後にすみやかにこれを行なうものとします。
3 ザワンは、秘密情報の取扱いについて、管理に必要な措置を講ずるものとします。
4 ザワンは、お客様より提供を受けた秘密情報は、本システムの遂行目的の範囲内でのみ使用します。
5 各前項の規定にかかわらず、ザワンが必要と認めた場合には、第17条所定の業務委託先に対して、委託のために必要な範囲で、お客様からの事前の承諾を受けることなく、秘密情報を開示することができるものとします。但し、この場合、ザワンは業務委託先に対して、本条に基づきザワンが負う秘密保持義務と同等のものを負わせるものとします。

第14条(お客様情報の取扱い)
1 ザワンは、Post Add Postの使用にあたってお客様より提供を受けた営業上その他業務上の情報に含まれる個人情報を、Post Add Post遂行目的の範囲内のみで使用し、第三者に開示又は漏洩しないものとします。
2 前項の個人情報の取扱いについては、前条の第2項ないし第5項の規定を準用するものとします。

第15条(業務委託)
ザワンは、Post Add Postの運営に関する業務の全部又は一部を、お客様の承諾なしに第三者に委託できるものとします。その場合には、ザワンは責任をもって委託先を管理するものとします。

第16条 (Post Add Postのバージョンアップ)
 1 ザワンは、業務上その必要があると客観的に判断したときはバージョンアップを実施します。
2 ザワンは、前項において定めるPost Add Postのバージョンアップを実施した場合、その内容をお客様に通知いたします。
3 本条第1項のおいて定めるPost Add Postのバージョンアップ版をお客様が使用する場合は、有償となる。

第17条 (ザワンの責任)
1 ザワンは、ザワンが推奨環境において機能するPost Add Postを販売するものとします。
なお、PAP使用の結果、必ずしもお客様の目的に適合した完全、正確、確実又は有用な結果ではない場合も起こりえます。その場合、ザワンの責任は、一切ないものとします。

2 お客様又は第三者がPost Add Postを使用したことによってサイトに生じた損害について、ザワンは一切の責任負わないものとします。

第18条 (免責)
1 ザワンは、Post Add Postの使用に際してお客様又は第三者に損害が生じた場合、ザワン又はザワンの業務委託先において故意又は重過失がある場合は、責任を持って対処するものとしますが、その他の場合は一切責任を負わないものとします。
2 Post Add Postの使用に際して、お客様が、故意又は重過失によりザワン又は第三者に対して損害を与えた場合には、お客様は損害の賠償をするものとします。

第19条 (損害賠償責任)
ザワンは、Post Add Postに関連してお客様又は第三者に損害を与えた場合で、前条第1項により責任を負う場合においては、現実に発生した直接の損害の範囲において販売価格を上限として賠償責任を負うものとします。

第20条 (本契約の解除)
1 お客様は、本契約を解除する場合には、ザワンが指定する方法で本契約解除の通知をザワンに対して行なうものとし、販売金額の返金はないものとします。Post Add Postテストバージョンで動作確認をした上での申し込みとなっている。
2 ザワンは、お客様が以下に該当するに至ったときは、何らの通知、催告を要せずに即時に本契約を解除できるものとします。
本約款で定める条項に違反したとき

第21条 (利用契約約款の改定)
1 ザワンは、以下の各号に掲げる方法により利用契約約款の内容を改定することがあります。
⑴ 本契約の内容は、改定された利用契約約款の実施の日から、改定された利用契約約款の内容に従って変更されるものとします。
⑵ ザワンはお客様に対して実施する日を定めて改定内容を通知するものとします。
2 なお、改定内容を通知した後14日を経過してもお客様から本契約を解除する旨の申し出がなかった場合には、同日をもって、お客様が改定内容を承諾したものとみなします。

第22条 (疑義)
本約款に定めのない事項又は本約款の条項の解釈等についての疑義が生じた場合は、お客様とザワン
との間で互いに誠意をもって協議してこれを解決するものとします。

第23条 (準拠法)
本契約の成立、効力、履行及び解釈に関しては、日本国法が適用されるものとします。

第24条 (管轄裁判所)
本契約に関する訴訟については、ザワンの本店所在地を管轄する裁判所とします。

附則(2017年6月 26日作定)
この規則は、2017年 6月 26日に作定し、即日実施します。

追記(2017年7月 3日作定)
第2条 第3項 追加、第3条 第2項及び第4条第2項追加

利用規約